不妊治療をやめて里親を始めたら、見たことのなかった楽しい世界が待っていました。
不妊治療をやめて里親を始めたら、見たことのなかった楽しい世界が待っていました。

不妊治療をやめて里親を始めたら、見たことのなかった楽しい世界が待っていました。

#hkmk2021発表者 
樋上 良子 さん

あなたが「やめた・手放したこと」とは何ですか?

血のつながりへのこだわりを手放して、不妊治療を辞め、里親を始めました。また、長年勤めた教職も辞めて、里親や里子支援を始めることに決めました。

どのようにマインドが変わりましたか?

周りがどんどん妊娠して出産していき、自分たちは不妊治療を繰り返しても妊娠せずに年齢を重ねていくことへの焦りがあったが、それを手放したことで、自分たち夫婦が何がしたいのか、何ができるのかというマインドに変わっていくことができた。

~手紙~ 余裕が無かった頃の自分へ

身体に負担をかけて不妊治療を繰り返しても子どもを授かることができず、そのたびに涙をたくさん流してきたね。注射や採卵、本当に苦しかったよね。お金もたくさん使ってきた。体質改善のために鍼や整体、食事改善もたくさんやってきた。仕事との両立、両親への申し訳ない気持ちも抱えて苦しかったよね。でも、それを全て手放して、思い切って一歩踏み出したら、見たことのなかった楽しい世界が待ってるよ。自分たちがほんとはどんな人生を送りたいのか、自分の心に正直になってみよう!重たい荷物を手放したら、私たちを待っていてくれた、かわいいかわいい子どもたちに出会えるから!

活動URL

https://ameblo.jp/ryoko-happyfoster/entry-12697074614.html


やめた・手放したことでどのように余裕がうまれマインドが変わったのか?
詳しいエピソードはYouTubeをご覧ください!

広島こそだて未来会議2021イベントページへ
子育てタイムカプセル投稿一覧へ